パスサッカーのメリット、デメリット

こんにちはこんばんは今日もセオリーです!

サッカーやる人も、見る人も楽しんでますか!

そんなサッカーですが、今日は日本代表でよく見るパスサッカーについてメリットデメリットを解説していきたいと思います。

そもそもパスサッカーって何?

完結に説明するとパスをメインとして立ち回る戦術の事です。

そのままやないかーい!となりますが、本当にそのままの意味ですね。

パスをしまくって、相手の陣形を崩してから最後にゴールまで持ち込む戦術のことです。

パスサッカーと言っても、基本的にはどの戦術もパスは含まれていますから具体的に海外の戦術と、日本のパスサッカーとは何が違うのでしょう。

パスをメインってどういうこと?

極力ドリブルなどは避けて、ボールを持ってない選手が裏をとったりするなどして直接1on1に持ち込まない戦術です。

相手との間合いを一定に保ったまま、ダイレクトではたいたりするのでミスなくやれば、ボール支配率がとてもあがります。

ボール支配率とは?

読んで字の如く、ボールをどれだけ保持しているか。その率を出したものがボール支配率です。

ボール支配率が高い=ずっとそのチームが勢いに乗って攻め続けていると思ってもらって構いません。

しかし、この比較的このボール支配率が高い日本では、決定打に欠けて点数が伸びない傾向があります。

よって、必ずしもボール支配率が高い=強いということではないことは理解しましょう。

しかし、ボール支配率が高いことに越した事はない!!

いや、どっちやねーんって話ですが、よーく考えてみれば当たり前で

ボール支配率が高いという事は、相手からするとずっとボールを取れなくていい気分ではありませんよね。

ボール支配率が高いというだけで、相手は焦りプレイにも支障きたす事がでてきます。

やはりそのボール支配率をもっとも高める簡単な方法はパスサッカーを極める事となるでしょう。

そんなパスサッカーのメリットとデメリットをこれから見ていきましょう。

パスサッカーのメリット

パスサッカーのメリットは、大きく分けて3つあります。

1.ボール支配率が上がる

先述した通り、ボール支配率が簡単に上がります。

簡単に上がるは語弊のある言い方ですが、ある意味簡単だと言う話です。

どういう意味で簡単なのか?

ボール支配率を上げるには、極論を言えばずっとボールを相手に取られなければいいのです。

はい。この取られない一点において、パスを回して回避するか、ドリブルをして回避をするかの2通りのやり方が出てくる訳です。

この2つなら圧倒的に前者のパスの方が簡単でしょう。

サッカーは11人でやるスポーツなのに、わざわざ味方を使わずにドリブルで仕掛けるのはリスキーな話です(ボール支配率という点のみでの話では)

もちろんドリブルで仕掛けるのが悪いという話ではなく、あくまでボール支配率を上げる目的とした場合のみです。

そういう意味では11人でパスを回し合った方が、ボールを保持できる時間も、簡単に増えるわけです。

2.個人の技術をあまり必要としない

文字通り個人の技術をあまり必要としません。

基本パスサッカーは、トラップして視野を広げてスペースにパスを出す。そして、チャンスがあれば裏に出す。基礎中の基礎です。

初心者からしたら、これでも難しい事ですが、経験者、さらにプロともなるとこれぐらいできて当然でしよう。

特殊な技など、派手なドリブルなど、そういう事は基本的に必要ないでしょう。

じゃあなんの技術が必要なのか?

技術は必要ないと言っているのではありません。

あくまで特殊で難易度の高いテクニックは必要ないといっているのです。

そして、必要な技術はパスサッカーにもあります。

基本的なトラップ、パス。そして、周りをよく見る力。

先述した、「簡単にできる」は確かに、ドリブルに比べれば簡単という話なので、誤解しやすいですが、この基本的な事を当たり前になるのは実はとても難しい事です。

「さっきといってる事ちゃうやん!」

まぁすいません。ころころ変わって。

でも聞いて下さい。

いくら経験者でも、いくらプロでも、やはり皆同じ人間なんです。

正確な技術を正確な時間で正確にやるロボットでもないですし、人間はミスして当然です。

しかし、そのミス一つでパスサッカーが崩れるのです。

パスサッカーはチームプレイを何より重んじる戦術ですから、一人のトラップミス、一人のパスミスで、流れが崩れてしまいます。

基本的に取られたら終わりなのです。(要解説デメリットで)

3.体格差を無視できる

パスサッカーは、基本的に相手に1on1で仕掛けに行きません。よって、接触プレイが少なくなります。

接触プレイが少なくなるという事は、体格差のハンデを実質的に無しにする事ができる訳です。

そして、タイミングとパスの精度のみでゴールを奪うことも可能になるでしょう。

だから、日本代表はこのパスサッカーを取り入れているのです。

基本的に、海外の選手と比べて日本人はあまり体格に恵まれていません。

しかし、このパスサッカーをやることによって、そのハンデを無くすことができるのです。

じゃあ体格のいい海外の人がパスサッカーやったら最強なのか?

さっきからの私の説明を聞く限り、そう思うのも仕方ないのかもしれません。

しかし、実際海外を見てみるとパスサッカーをやっている所はあまり見ませんね。

その理由は

そもそもパスサッカーをやる必要がないからです。

サッカーは11人対11人。パスサッカーはこの相手の11人をうまくパスで切り崩して攻める戦術ですが、体格もよくドリブルを得意とする選手からしたら

一人ドリブルで突破すれば11対10に変わるのです。

一人いるかいないかの違いはどのスポーツでも同じ事と思いますが、ことサッカーにおいて少なくとも前線で一人抜かれたら

そのままゴールに直結していきます。

サッカーのゲームで考えると分かりやすいでしょう。

私は学生の頃、スマホでできる某サッカーゲームに友達とハマっていましたが、

その友達はまぁ選手のレベルが高いこと高い。

そんな友達と対戦して、私が唯一勝つ方法が

やはりパスサッカーをしまくることでした。

一対一をしかけようものなら、コテンパにボールを取られ、一回取られたらもう相手のメッ◯を誰も私の選手はとめられません笑

つまり、ボールを取られたら一点取られる状況でした。

まぁゲームの話では少し極端ですが、やはりスポーツに置いても体格差は無視しがたい問題です。

パスサッカーのデメリット

パスサッカーのデメリットは大きく分けて2つあります。

個人の技術が高まりにくい

メリットとして、ボール支配率が上がるなどと書かせていただきましたが、やはりチームプレイを重視とだけあって個人として強さが発揮しにくいでしょう。

普段の練習も、パスをメインとする所が多いため、そもそも個人技を披露する機会がないんです。

身勝手にドリブルを仕掛けて取られたら、チームに迷惑がかかるかもしれないし、何より周りからの同調圧迫でうかつに個人プレイはやりにくいでしょう。

なんでそもそも、そんなにボールを支配したがる(取られないようにする)のか

できるだけボールを支配するのは、サッカーをやる人なら当たり前に考える心理ですが、ここでいう心理は、支配したいのではなく取られたくないという心理です。

サッカーは、取られるのは仕方がないことだし、ボールを取ったら取り返せばいい話だろ!

と普通考えますが、一旦整理してみます。

まずパスサッカーをやる時点で体格差(基礎スペック)で負けを認めているようなものなのです。

体格差もある程度同じで、取って取られての攻め合い合戦は、日本人には向いていないのです。

だから、頭と戦略でボールを支配し、日本独自のパスサッカーが生まれたのです。

いざという時の決定打に欠ける

今まで、体格差を無視できる、裏を取ったりしてタイミングでゴールを奪えるなどと話してきましたが、実際の試合ではそう簡単にはいきません。

最終局面みたいな狭い空間では、パスするスペースもなく、どうしても誰か1人かわさなければいけない状況がでてきます。

そういう駆け引きのあるゴール前では、どうしても個人の技術が必要となってきてしまいます。

パスサッカーでも個人技術はある程度必要なのか?

オフェンスは特に必要となってくるでしょう。結局最後は1on1を誰かがしなくてはいけないのです。

理想の形としては、裏をパスでとってそのまま走ってゴールですが、そんな事をさせてくれるほど相手は甘くありません。

そこである程度の個人技は必要となってくるでしょう。

例えば、パスを貰ってすぐワンフェイントで相手をかわし空いた所をシュートなど。

シンプルis Bestです。

相手からしたら、打たれることが何よりの恐怖なのです。

そういういざって時のスキルは、特にオフェンスは一つは二つ持っておくといいでしょう。

最後に

パスサッカーは、体格差をある程度無視できてとても日本らしい戦術と思います。

しかし、時に勝負をしかけるべき場面はどうしても出てきてしまいます。

そんないざって時に活躍できる選手、久保選手のような天才も日本にはいますから、まだまだ日本のサッカーも安泰だと思います!

どうも管理人のしおんでした。

他のおすすめ記事

サッカースクールに選び悩んでいるなら↓

リベルタサッカースクールを私が一番に推す理由とは?

Twitterやってます!

管理者のプロフィール
IMG_1684

偏差値72の高校を在学中の高校生ブロガー。サッカーを小学生の頃から10年以上やっている熟練者。本を読むことと文章を書くことが好きなこともあり、このしおんブログを2020年5月に開設。好きなことと得意なことを掛け合わせた新時代のネットビジネスを目指す。

soccer boys
詞音をフォローする
しおんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました