サッカー 自己中なプレイは嫌われるからやめた方がいいのか?続けるべきなのか?

こんにちはこんばんは管理者のセオリーです。今日は自己中について話していこうと思います。

上手い人とかによくあるのが、自己中なプレイです。

点数をバンバン取りまくって、文句のつけようがない人ならまだしも、それ以外のただ自分がそうしたくてしている人は周りから嫌われるかもしれません。

自己中はいいこともあるし、一概にやめるべきとはいいにくいですが。

今回はそんな自己中なプレイについて10年間サッカーをし続けてきた私自身の経験から解説していこうと思います。

自己中な人の深層心理

自己中なプレイが多い人は周りからどう思われているかご存じですか?

私自身も含め自己中側からすると、普通にプレイしているだけですからなんとも思ってないですけど。

周りからもっとパス出せと言われて初めて気づく人が多いと思います。

そしてそのことが気になって、このサイトにたどり着いたのでしょう。

自分が普通にプレイしているつもりでも、周りからすれば

 

「あいつは目立ちたいからあんなプレイするんだ」

「あいつは手柄を独り占めしたいんだ」

 

など、見当違いなことをあなたに思っています。

しかし、違うと。

こちらからすれば、ドリブルすべき時にしてシュートを打つべき時にしているのだと。

はい。ここに深層心理が隠されています。

自己中側からすれば、

 

「俺より下手くそなお前らにパスするくらいなら、自分で勝負しに行った方がいい」

 

という心理が少なからず働いているのです。

いやそんな性格悪いことおもってないよ!と言いたい気持ちもわかりますが、これは深層心理なので本人でさえ気づかない気持ちなのです。

少なからずこのサイトを見てるという事は、誰かから自己中と指摘されたもしくは自覚して悩んでいるということですから。

下手なのに、自己中という人はなかなかいませんよね?

いたとしてもそれは単純にパスをする技術がないだけです。

 

 

自己中は結局上手い人が下手くその人に、自己中といわれてるんです。

しかし、それはある意味しょうがないものなのです。

上手い人が、ボールを長くもつというのは勝つためには当たり前のことであり、真理なのです。

そしてそれを僻む人が、上手い言葉を探して逃げセリフのように吐いて言ったのが

 

自己中

 

だということなのです。

自己中は続けろ

 

そんな自己中ですが、絶対にやめるべきではないです。

私は一時期それで悩んで、控えめなプレイをしてましたが結論を言うと

チームも弱くなり、自分も弱くなりました。

 

 

なぜそうなったのかというと、控えめなプレイをすることにより確かにその場ではパスの回転が上がりましたが、結局最後は誰が決めるん?っていうことになるからです。

結局ゴールを決めるのは一人の人間ですし、誰かがディフェンスをかわしてシュートを打たなければいけません。

その大役を自分より弱い人にパスしたからって、できるわけないんです。

 

「パスして裏とかやれば、その方がチャンス増えるやん」

 

確かに、パスでそこまでのチャンスを作れればそれが一番いいですが、サッカーをやったことがある人ならわかると思いますが、そんなチャンスなんてめったに起こらないんですよね。

そんなチャンスがばんばん起こるなら、サッカーは10対7とかの試合になりますよ。

 

ばんばん起こらないからこそ、個人の力で差をつけてゴールを決めるしかないんです。

 

自己中というと響きが悪いですが、逆をいうと周りが自分を出さなすぎなのです。

みんな自己中ぐらいがちょうどいいぐらいです。

現にそういう個性あるチームが強いです。

自己中を認めさせろ

 

自己中自己中というけど、じゃあ有名なプロ選手のあれは自己中じゃないのか。

メッシとかクリロナとかも、見方を変えれば立派な自己中なプレイです。

でも、実際自己中なプレイなどと揶揄されるようなことは一切ありません。

それどころかめちゃくちゃ人気でファンも多いです。

なぜこのような違いが生じるのか。

 

 

それはずばり圧倒的なほどの信頼と実績でしょう。

あなたに足りないのはこのどちらか、もしくは両方です。

いくらあなたが上手いといっても、それはあくまでチーム内でです。

非の打ち所がないほど、実績をのこして何も言わせなくする。

これが自分にとっても、チームにとってもよいことなのです。

そこまでくれば、

 

「こいつに渡しておけばなんとかしてもらえる」

「迷ったらこいつにパスを出そう」

 

と仲間もその自己中さえも認めてくれるようになるでしょう。

そこまでして一人前なのです。

自己中と言われたからってすねず、地道に仲間の信頼を得ましょう。

 

まとめ

 

自己中と言われたら腹が立つし、同時に悲しくなります。

そこで諦めておとなしくするか、なにこれチクショーとさらに上達させるかは自分次第です。

私は私のように後悔して欲しくないし、あなたが上手いってだけで損して欲しくないです。

 

 

決して独りよがりなプレイをしろなんていってません。

パスの方がいいと判断したらパスをやればいいし、引くのがいいと思ったなら引けばいいです。

あなたが思うようにプレイするのをやめてほしくないだけです。

そして、わかってると思いますが味方からの信頼感は何より大切です。

サッカーを楽しむ気持ちも忘れないでください。

今回はこのぐらいで終わりとさせていただきます。

しおんでした。

補足、サッカーが最短で上手くなる方法

これを見てそんな甘い方法あるか!と思った方。正解です。

結論を先に言うと「サッカースクールに通え」ということです。

世の中おいしい話というのにはリスクというのを持ち合わせていて、今回でいうとそれはお金がかかるということです。

しかし私が紹介している、リベルタサッカースクールに通えば確実に他のライバルたちと差をつけることが可能になります。

全国で一番人気のサッカースクールに少し興味があるという人はこちらの記事をどうぞ

リベルタサッカースクールを私が一番推す理由とは?

Twitterやってます!

管理者のプロフィール
IMG_1684

偏差値72の高校を在学中の高校生ブロガー。サッカーを小学生の頃から10年以上やっている熟練者。本を読むことと文章を書くことが好きなこともあり、このしおんブログを2020年5月に開設。好きなことと得意なことを掛け合わせた新時代のネットビジネスを目指す。

soccer boys
詞音をフォローする
しおんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました