【意外に知られてない】サッカー トーキックの使い道

 

 

サッカーにおいてもっとも初心者らしい蹴り方と定評のあるトーキックさん。

あなたはトーキックは素人の技だから使えないと思っていませんか?

 

 

いやまあ、使えるか使えないかの2択なら確かに使えないと私も即答しますが(笑)

そうじゃなくとも、変なところに飛んでくし、当たり所が悪いと大怪我もし兼ねない禁断の技ですからね。

 

 

しかしこのトーキックには、あまり世間では知られていない秘密の使い道があるんです。

今回はそんな評価の低いトーキックについて私独自に徹底解説していこうと思います。

 

 

そもそもトーキックって?

トーキックトゥーキックとも呼ばれますよね?

そのトゥーキックのトゥは正しくはToeと書き、「つま先、足指」などの意味をもちます。

語幹から判断してもトーキックというのは、つま先キックということになります。

まんまのネーミングですね。

 

 

初心者がよくやるこのトーキック。

そもそもなんで初心者はこのトーキックを愛用するのか私なりに考えてみました。

 

 

そして出た結論はずばり、「簡単にボールを飛ばせるから」

だと思います。

もしくは「蹴り方を勘違いしてるから」の方もしっくりきます。

 

 

どちらにせよ初心者は反射的に蹴ろうと思うと、トーでキックしようトー考える訳ですね。なーんちゃって

はいすいません。

 

 

話は戻して、この初心者が使いやすいという点が、実は経験者でも使えるのではないかと私は考えているのです。

必ずしも初心者が使う技=玄人は役に立たないわけではないということを言いたいです。

 

トーキックのメリット

不意をつけれる

トーキックは基本的に、ノーモーションからの鋭いシュートを打つことができます。

 

 

普通のインステップシュートやインサイドシュートで、助走を最低でも1.2歩とってから打つ所、

トーキックは助走なしの足の振りかぶりのみで、割と強めのシュートを打つことができます。

 

 

振りかぶりのみでと書きましたが、なんならその動作すら必要なく。

つまり股関節と膝の運動をしなくとも、足首の運動のみで蹴ることがトーキックなら可能ということです。

よって、誰も予想されてないタイミングでボールを放つことができるのです。

 

 

ボールを放つことは何もシュートだけではありません。

この話はあとで詳しく解説します。

 

キックの威力が強い

 

先ほどのメリットと被るところもありますが、トーキックは単純な威力があほみたいに高いです。

ノーモーションで蹴るのにここまで威力がでるのはある意味反則ですよね。

 

 

他のキックより優れている要素としては十分かと思います。

威力がでるということはそれだけキーパーも止めにくいということですから。

 

 

ここまで聞いてると、

「じゃあ全部トーキックでいいんじゃね?」

と思われても仕方がないようなことしか書いていませんが、

現実はそう甘くなく、あまりサッカーにおいて使われない理由がちゃんとあります。

 

メリットだけでなく、デメリットを紹介させていただきます。

 

トーキックのデメリット

ノーコンになりやすい

 

まず間違いなく狙った場所へ飛ばないでしょう。

 

 

やればわかりますが、面じゃなくほぼ点であるトーで蹴ってコントロールできるわけありません。

パスでトーキックを使うなんてもってのほかです。

 

 

パスなどは最も正確さを求められるスキルです。

そんなパスは皆さんご存じの通り面で蹴れるインサイドで蹴ってますよね?

その事実がすでにトーキックがいかに正確さがないかを物語っています。

 

 

そんなトーキックだからこそあまり試合で多様されないのでしょうね。

 

キックの威力が強すぎる

 

見出しを見て開口一番

「おいセオリー!!さっきはメリットとして紹介してただろ!」

はい。すいません。でも違うんです。

 

 

メリットでもあったこのキックの威力が強いことですが、見方を変えればそれはデメリットにもなりうるのです。

簡単に言うと、力の制御が難しいということです。

 

 

当たり所によっては、ボールが明後日の方向にいってしまいます。

そういう時の多くはボールを下から上に蹴ってしまっていることが多いです。

 

しかし、こればかりは注意していても完璧にコントロールするのは不可能でしょう。

もしできるのなら、世界に一人のトーキックプレイヤーになれますよ!

 

 

冗談はさておき、

場所のコントロールの次は力のコントロールが難しいときました。

 

 

はい。このトーキック例えるなら

制御の利かない暴れ馬ということです。

 

あなたが将軍として

暴れ馬を戦でわざわざ使おうとは思いませんよね?

 

 

すこし極端な例ですが、規模を度外視するとトーキックも同じことが言えるのです。

 

トーキックの使い道とは?

 

じゃあ結局、トーキックは実戦で使えないのか?

 

結論から先に言うと、

時と場合によっては使えます。

では具体的にどういう時に使えるのでしょうか。

 

 

トーキックの価値はゴール前で発揮される

 

ゴール前というのは、敵も味方も密集していてドリブルはおろか普通のシュートすらするのが難しい状況です。

 

ゴール前のあの緊迫した空気では、もしキックモーションでも見せようものなら即座にディフェンスがブロックしてくるでしょう。

 

 

そんな隙を与えるほど相手も間抜けではありませんからね。

そしてそんなことはこちらも重々承知しているはずです。

 

 

ここでそんな状況を打開することができる幻の技があります。

はい。言わずもがなトーキックです笑

 

 

ゴール前という緊張の糸がピンピンに張ったエリアでは、ここぞという時のトーキックは意表を突くものとなるので、ディフェンスやキーパーは反応が少し遅れるでしょう。

 

「でもデメリットで、コントロールしずらいって言ってたから意味なくない?」

 

はい。確かにコントロールは依然としてできないままですが、それはこの状況では問題にすらなりません。むしろチャンスです。

 

 

ゴール前というのは、ぶっちゃけ適当に蹴っても入るからです。

 

なおさらトーキックなどという、どこに飛んでくか相手も自分さえもわからないという不確定要素は、この状況ではメリットでしかないのです。

むしろ狙って蹴った方がコースを読まれ止められる可能性だってあります。(あくまで可能性)

 

 

そんなトーキック、いざという時に私も何回も助けられました。

 

簡単にまとめると

ゴール前で打つメリットは3つ

  • 不意を突ける
  • 簡単に威力のあるシュートが打てる
  • どんな体制でも打てる
 

特に最後のどんな体制でも打てるというのは、一番の強みです。

 

 

プロの選手でも、体制が整わず打たなければいけない状況で反射的にトーキックを使っています。

ロナウジーニョなんかはもう別格で、トーキックを完全にコントロールしているようにすら感じさせる神プレイがあります。

 

 

このように海外の有名選手を見てもわかる通り、トーキックは割と使えるということをわかってもらえたでしょうか?

 

最後に

トーキックをネタ技のようにバカにしている人に、そうじゃないんだよと伝えたく書かせていただきました。

 

少しでも役に立ったなら嬉しいです。

しおんでした。

サッカーが最短で上手くなる方法

見出しを見てそんな甘い方法あるか!と思った方。正解です。

結論を先に言うと「サッカースクールに通え」ということです。

世の中おいしい話というのにはリスクというのを持ち合わせていて、今回でいうとそれはお金がかかるということです。

しかし私が紹介している、リベルタサッカースクールに通えば確実に他のライバルたちと差をつけることが可能になります。

全国で一番人気のサッカースクールに少し興味があるという人はこちらの記事をどうぞ

リベルタサッカースクールを私が一番推す理由とは?

Twitterやってます!

管理者のプロフィール
IMG_1684

偏差値72の高校を在学中の高校生ブロガー。サッカーを小学生の頃から10年以上やっている熟練者。本を読むことと文章を書くことが好きなこともあり、このしおんブログを2020年5月に開設。好きなことと得意なことを掛け合わせた新時代のネットビジネスを目指す。

soccer boys
詞音をフォローする
しおんブログ

コメント

  1. 今日のブログではセオリーさんの性格の悪さが滲み出ていましたね!
    ところで、アーチャー伝説の実況動画まってますので早くあげてください。

タイトルとURLをコピーしました