サッカー トップスピードでドリブルするには?コツと練習法を紹介

あなたはトップスピードに乗ってドリブルができなくて悩んでいませんか?

 

 

「せっかく相手をかわしたのに、トップスピードに乗れないせいで追いつかれる」

トップスピードに乗れないせいで、ボールを運べない」

なんて経験ありませんでしたか?

 
初心者のA君
初心者のA君

ドリブルしながらだとスピードに乗れない……。

しおん
しおん

それはまだボールタッチに慣れてない証拠だね

 

もしトップスピードでドリブルが出来れば、メッシのような試合で要となる選手になることができます。

逆に出来なければ、もたもたしたドリブルになってオフェンスとしての役割を果たしにくくなります。

 

 

そんなトップスピードに乗ったドリブルですが、具体的にはどうしたらできるようになるのでしょうか。

トップスピードの必要性

ゼロからトップスピードへ

ゼロからトップスピードに一気に加速できるなら、それは相手からすると物凄い緩急のついたドリブルに見えるでしょう。

 

 

緩急のついたドリブルは厄介です。

それは日常生活にも言えることです。

 

例えば、私たちが目にするものの中でもっとも緩急をついて移動する生き物Gについて考えてみましょう。

Gが緩急をつけて移動しているように見えるのは、ゼロからトップスピードへもっていくあの脅威的な足があるからです。

止まったと思ったらまた動いてどこかに隠れる。

この厄介さは北海道民以外の人なら身に染みてわかることと思います。

 

 

さて、少し生々しい話でしたが結局何が言いたいかというと

ゼロからトップスピードへもっていくのが早ければ早いほど、緩急のついたドリブルになりディフェンスは止めにくいということです。

 

 

トップスピードでドリブルするのは簡単なことではないですが、できるようになれば最強のオフェンスになることができるでしょう。

しおん
しおん

Gの素早さとあの生命力だけは認めざるを得ない……

 

トップスピードでの突破力

 

トップスピードでの突破力は他の類を見せません。

トップスピード、つまり自分のボールを持っていない時の全速力で走れればプレイの幅が一気に増えるでしょう。

初心者のA君
初心者のA君

そんなこと可能なの?

しおん
しおん

ほぼ同じ速さなら可能だよ!

 

 

ディフェンスは当たり前のことですが、ボールを持たずに走ってきます。

片や自分はボールを保持した状態で走らなければいけません。

よってトップスピードでボールを運ばないと、当然ディフェンスに追いつかれてしまいます。

 

 

トップスピードでドリブルができるようになれば中央の突破がやりやすくなります。

 

メッシやクリロナが、相手を置き去りにして抜き去ることができるのはこのおかげです。

 

突破力をつけたいなら、まずトップスピードでドリブルする方法を知ることなのです。

 

 

トップスピードでドリブルするための準備

素のスピードを上げる

 

元のスピードが遅かったら、仮にトップスピードでドリブルできたとしてもあまり意味がありません。

 

 

出来るだけ走るのを速くしておきましょう。

 

「いやいや、走るスピードは簡単にあがらねーよ」

 

ごもっともです。

その通り、走るスピードはそう簡単にはあがりません。

 

 

ここで言う足の速さとはそういうことではなく、

1-1で話したゼロからトップスピードの速さをあげろということです。

これは練習すればある程度の成長が見込めます。

 

 

自分が本当に成長したかどうか判断できるわかりやすいものは反復横跳びの回数でしょう。

 

反復横跳びが凄い人は、ゼロからトップスピードまで持っていく能力が優れているからです。

サッカーだけでなく、他のスポーツでもこの能力は必要になります。

優先して特訓しましょう。

 

 

前を向いてドリブル

 

トップスピードでドリブルする前に、まず前を向いてドリブルできるようになりましょう。

顔を上げてドリブルすれば視野が広くなり、的確な判断でプレイすることができます。

 

 

足元がおぼつかなかったり、ボールタッチに慣れてないとつい下を向いてドリブルしてしまいます。

トップスピードでドリブルできるようにするためにも、まずボールタッチの精度を上げましょう。

 

 

前を向いてドリブルできない状態では、到底トップスピードでのドリブルはできないでしょう。

厳しいことをいいますがすべて真実です。

 

 

別にあなたじゃ出来ないと言っているわけではなく、段階を踏んで進歩して欲しくて言ってるのです。

いわばトップスピードでドリブルするのは応用編です。

基礎をしっかり固めてからチャレンジしましょう。

 

 

トップスピードでドリブルするコツ

足のどこで前に蹴るか意識する

 

 

よくありがちな間違えで、インサイドやインフロントで運ぶ人がいますがそれでは効率が悪いです。

絶対にアウトサイドかアウトフロントで運びましょう。

理由は、圧倒的に走った状態で蹴りやすいからです。

 

 

想像してみてください。

走っている時の足の向きを。

ガニ股で走ってる人は普通いませんよね。

 

 

インサイドやインフロントではもろその走りにくい状況になってしまいます。

逆にアウトサイドやアウトフロントではとても理想的な形で走ることができます。

 

 

言われてもピンとこない人は実際やってみましょう。

とてもしっくりくるはずです。

 

 

利き足だけで蹴る

 

 

右足なら右足、左足なら左足と自分の利き足だけで蹴りましょう。

たまに交互に蹴る人を見かけますが、リズムが取りずらいためおすすめできません。

 

 

利き足で、ある一定のリズムを自分で決めてやるといいでしょう。

例えば私なら

5歩走ったら一回触る

ような要領です。

 

 

自分に合うリズムを決めて、片足で突っつくイメージです。

ここまで得たらトップスピードでドリブルも見えてくるのではないでしょうか。

 

 

敵を突破する時は

敵がいない状況ならタッチが大きくなっても取られる心配はありません。

しかし敵が目の前で立ちふさがった時どうすればよいのでしょうか?

 

 

そういう時にめちゃくちゃ役に立つ技があるので紹介します。

切り返しです。

 

 

切り返しとは、自分の進んでる方向とは逆に急転換することによって、

トップスピードでドリブルしていることも相まってとてつもない緩急を発生させることができる技です。

 

 

例えば、自分が右サイドから中央へトップスピードでドリブルしてるとして、

中央からもし敵が来たら、直前で右足のアウトサイドで来た方向と逆のベクトルに切り返します。この場合

右サイド→中央→右サイドといった具合です。

 

 

こちらはトップスピードでドリブルで切り返すので、止めることはほぼ不可能でしょう。

このようなスピードに乗ったドリブルを生かす技も是非覚えておきましょう。

 

 

トップスピードでドリブルするための具体的な練習法

トップスピードを一人で引き出す

 

一人で練習する方法です。

カラーコーンがあればそれで、なければ何か目印となるものを用意しましょう。

これを敵と見立てます。

 

 

2メートル間隔にそれをできるだけ多く置きましょう。

そしたら単純で、トップスピードのドリブルでジグザグにそれをかわしながら進みましょう。

 

 

最初のうちはスピードが落ちてしまったり、止まったりしてしまうかもしれません。

でも、めげずにスムーズに進めるようになるまで練習してください。

 

 

これが速くなると、試合でも使えるトップスピードのドリブルをすることができます。

ただ単に直線でのトップスピードのドリブルなら、素人でも前に大きく蹴って走るだけでできます。

そうではなく、紹介したような試合を想定した状況での練習がなによりためになるのです。

 

 

実践式でトップスピードを出す

 

4人用意しましょう。

オフェンス2人にディフェンス2人です。

ゴール前にオフェンス1人とディフェンス1人、ゴールから少し離れたところに1人オフェンス。さらに離れたところに最後のディフェンスを配置します。

 

 

ゴールから少し離れたオフェンスは最初にボールを貰います。

貰った瞬間スタートです。

後ろにいるディフェンスに追いつかれないようトップスピードのドリブルで、

早めにゴールを目指します。

 

 

順調にいけばゴール前では2対1で有利な状況にもっていけます。

しかし、ドリブルが遅ければ後ろから来たもう一人のディフェンスに追いつかれ、2対2で防御が堅くなってしまいます。

 

 

このような状況は実践の一部を再現したものです。

せっかくチャンスがあっても、とろとろドリブルしていたらカバーが来てしまいます。

そうならないための練習です。

 

 

しかもただ一人のディフェンスから逃げる練習ではなく、ゴール前にもう一人ディフェンスが待ち構えている状況が肝です。

最後の最後にパスを出すか、それとも一人で突破するのか。

そういう判断も持ち合わせてないといけません。

 

 

そしてその判断をするためにも、序盤で言った前を向いてドリブルする能力が必要なのです。

 

まとめ

 

やり方についてまとめると、ポイントは3つ

  • アウトサイドかアウトフロントで
  • 利き足だけで
  • リズムを作る
 

 

トップスピードでのドリブルはただでさえやるのが難しいに、やれるようになっても使い方の種類は無数に存在します。

よって、使えるようになってからが真のスタートなのかもしれません。

 

 

まだまだ紹介しきれなかった技もありますが、今回はこのぐらいで終わりとさせていただきます。

少しでも役に立ったなら嬉しいです。

こちらは他のおすすめ記事です

リベルタサッカースクールを私が一番に推す理由とは?

Twitterやってます!

管理者のプロフィール
IMG_1684

偏差値72の高校を在学中の高校生ブロガー。サッカーを小学生の頃から10年以上やっている熟練者。本を読むことと文章を書くことが好きなこともあり、このしおんブログを2020年5月に開設。好きなことと得意なことを掛け合わせた新時代のネットビジネスを目指す。

soccer boys
詞音をフォローする
しおんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました