サッカーですぐボールが取られる人必見。ボール保持率が上がる最強の方法5選を紹介

どうもセオリブログの管理人のセオリーです。今回のテーマは「ボールが絶対に取られない方法」です。

A君
A君

そんな方法ホントにあるの?

セオリー
セオリー

あることを意識すれば簡単にボールキープ力が上がるよ!

その方法は簡潔に大きく分けて5つまとめました!

結構初心者向けの話もあるから、これは自分はすでに理解しているなぁ、と思ったら見出しを見て判断して飛ばしちゃってくださいね!

セオリー
セオリー

頑張って書いたから、できたら全部見てほしいけどなぁ(笑)

そんな私の本音はおいといて、さっそく本題へレッツゴー!

敵と密着している時に取られない方法

体を入れる

まず確実といっていいくらい取られない戦法がとにかく体をいれまくることです。

ボールを保持した状態で、とりあえず取られないようにだけしたいならこの戦法は使えます。

A君
A君

絶対に取られないなら、これだけで充分じゃん!

セオリー
セオリー

確かに、とりあえずは取られることはないですが……。

しかし、基本的に後ろを向いた状態になるので次の行動に移せないという欠点があります。

A君
A君

欠点はわかったけど、そもそもどうやって使うの?

味方からパスを受け、敵に密着されてる時など特につかえます。

体を敵とボールの間にいれれば物理的にもルール的にも、取られることはありません。

応用編

セオリー
セオリー

体を使いながら敵をかわす応用技も知っておこう!

聞いたこともあるかもしれません。

ルーレットです。

ルーレットとは?

始めのボールを引く動作では、相手のタックルの範囲からボールを避難させることによってボールのコントロールを保持できる。体のスピンでは、相手に背を向けてボールを守ることができる[5]

スピードにのった状態で行うと、ボールをカバーしながら突然方向が変化するため、守備をすることはほとんど不可能である[6]

このようにルーレットはとても使い勝手がよく、プロでも愛用される防ぎにくい技なのでとてもおすすめです。

セオリー
セオリー

是非マスターしてね!

敵に囲まれている時に取られない方法

パスコースを探しておく

ボールを貰ったらすぐ、はたいてパスを回すのもよい方法です

それをするには、見出しにもあるようにパスコースを探しておく必要があります。

セオリー
セオリー

いざって時に取られないように準備しよう!

選択肢を増やしいつでもパスができる状態にする。

その保険をつくっておくこと自体が重要であり大切なのです。

仮にドリブルで取られそうになっても、パスの選択肢があるおかげでなんとかなるのです。

色々な選択肢をもつことで、冷静な対応をすることができるのです。

セオリー
セオリー

パスコースが確保してあるだけで強気に攻められるよ!

普通のドリブルで取られないようにするには?

足技を極める

周りにいませんでしたか?やたらと足技が凄いやつ。

そしてだいたいその人のボールは取りにくくなかったですか

A君
A君

いました!ちょろちょろとやってる人!

セオリー
セオリー

ちょろちょろ笑。要するに細かいタッチですよね?

ドリブルというより足技という呼び名のほうがしっくりきます。

抜くためというより取られないためのドリブルです。

この動画がかなり参考になるので、是非ご覧になってください。

パスコースが前にない時に取られない方法

足技と少し似ている部分もありますが、一旦引くことを意識しましょう。

無理に突っ込んではリスキーな場合もあります。

セオリー
セオリー

自力でスペースの広い所に逃げよう!

例えば敵が2体以上いる時などです。

明らかに突破できないと判断したら諦めて引くか、パスを出しましょう。

流れをみて冷静に見極めましょう。

初心者にはちょっとわかりにくいという方はこちらの「初心者がまずやるべき基礎練習」を参考にして下さい!

取られたくないと思いすぎるな!

最後に一番重要な意識の話です。

冒頭にもあった、なぜ取られないよう意識すればするほど取られやすくなる悪循環に陥るのか。

あなたは取られないことを意識しすぎて、ドリブルにおいて大切である攻めの姿勢をわすれているからです。

セオリー
セオリー

攻撃は最大の防御だよ!!

この一点に尽きます。

ディフェンスからしたら、攻めてこないオフェンスは脅威にはなりません。

よってなりふり構わず詰めてきてボールを取ろうとしてきます。

攻めてこないオフェンスほどボールを奪うチャンスなものはありませんから。

セオリー
セオリー

形だけでも攻める意識を相手に見せよう!!

形だけとはつまり、最低でも前を向く、そして出来たら相手に自ら向かっていく。

一見取られたくない行動としては矛盾しているようにも聞こえますが、実際一番理にかなっています。

そうされた相手はむやみに取りにいこうとは思わないでしょう。

抜かれるかもしれないという可能性が少し脳裏にちらつくからです。

よくやりがちな間違った考えですが、取られたくないと思えば思うほど、相手に背を向け逃げるようなドリブルをしてしまう。

セオリー
セオリー

それでは逆効果!!

相手からしたら絶好のカモということをお忘れなく。

「じゃあそれでも詰めてくる場合は?」

もちろん時と場合によっては詰めてくることもあるでしょう。

そういう時のための、さっき紹介した体を入れることやパスの選択、そして足技での回避です。

上手いディフェンスは特に隙をついてくるのが得意です。

色んな状況を想定して普段から取られない立ち回りを意識して練習することが大切です。

まとめ

取られないポイントは5つ

  • 攻撃の姿勢を見せる
  • それでも取りに来たら足技でかわす
  • もしくは一旦引く
  • 万が一の時のパスコースを探しておく
  • 敵を背に背負っているなら体を入れる

この5つを意識して立ち回ればまず簡単に取られることはないでしょう。

あくまでこれは意識の問題です。

あとは細かい部分の技術はしっかり最大限まで伸ばしましょう。

より完璧な立ち回りをすることができます。

今回はこのぐらいで終わりとさせていただきます。

すこしでも役に立ったなら嬉しいです。

しおんでした。

サッカースクールに迷ってる方はこちらの記事を参考にしてください↓

リベルタサッカースクールを私が一番推す理由とは?

Twitterやってます!

管理者のプロフィール
IMG_1684

偏差値72の高校を在学中の高校生ブロガー。サッカーを小学生の頃から10年以上やっている熟練者。本を読むことと文章を書くことが好きなこともあり、このしおんブログを2020年5月に開設。好きなことと得意なことを掛け合わせた新時代のネットビジネスを目指す。

soccer boys
詞音をフォローする
しおんブログ

コメント

  1. ごりらごりら より:

    句点濁点の場所やハイライトを引く場所がおかしいとおもいますよ?
    あとYouTubeの方もこれくらいのペースで配信してくれたら嬉しいです。

    • 詞音 seory より:

      わざわざありがとうございます。ゴリラゴリラさんは東海オンエアのコメント欄ぶりなので、とても新鮮な気持ちです。
      また一緒に荒らしましょう!

      • ごりらごりら より:

        せりきんtvさんなんていましたっけ?
        しとけ黙って掃除さんなら知り合いなんですけど、まさか…

  2. 詞音 seory より:

    そのまさかです

タイトルとURLをコピーしました