小学生がサッカーのロングキックの飛距離を伸ばす方法

小学生のサッカーの悩みで一番多いのが、ロングキックが飛ばないということです。

「筋力もないし、飛ばすなんて無理なんじゃ」

などという思考に陥りがちですが、実際筋力のない小学生が単純に筋力をあげる以外で、飛距離を伸ばすことは可能なのでしょうか。

結論から書かせてもらいますと、それは可能です。

なぜ可能かというと、足の筋力はあくまで補佐で、その力が飛距離に比例していないからです。つまり最低限の力だけでボールを飛ばすことは理論上可能なのです。

今回はそんなロングキックについて話していこうと思います。

小学生が飛距離を伸ばすためにまずやるべき事

まずは助走をしっかりつけるところから始めましょう。

助走をつけずにロングキックをするのは大人でも厳しいです。

しっかりつけると言っても、具体的にどのぐらいつければ良いのでしょうか。

現実的にそんなに離れて蹴る機会は、ゴールキーパーを除いて滅多にありません。

よって、ベストな距離は大体大股3歩といったところでしょうか。

しかしこれはあくまで、蹴り方がわかっていてやっと蹴れる最低限の距離です。そして理想論です。

小学生は最初は取れるだけ取ったほうがいいでしょう。

助走が多いに越したことはありません。

助走をつけていって、自分にとってベストな距離を見つけてください。

小学生が飛距離を伸ばすための軸足の置き方

助走において、ベストな距離とは具体的に、タイミングよく軸足を地面に踏み込めるか否かだといわれています。

蹴る瞬間軸足を、ボールの真横に力強く踏み込むにはやはり、助走の歩数を調整することです。

蹴るのが上手な人は、この調整を無意識にやってのけます。

逆にこれが苦手の人は、蹴る前につっかえてしまったり、地面を間違えて蹴ってしまいます。

蹴る動作で一番重要といっても過言ではない軸足の踏み込み。

体全体の力を軸足に乗せるつもりで思いっきり踏み込んでください。

実は、実際に蹴る右足(もしくは左足)よりもこの軸足によってキックの威力は左右されるのです。

小学生が一番飛ばせる足の当て方

足の甲で蹴ることを意識してください。

足の甲とはつまり、スパイクでいう靴紐の結び目のところです。

なぜ足の甲かというと、一番足の力がボールに伝わりやすいからです。

実際いろんな部位にあてて、確かめてみてください。

足の甲が一番固く、丈夫です。

野球で例えるなら、木製バットよりも金属製バットのほうがよく飛ぶのと同じ原理です。

つまり、より遠くへ飛ばしたいのであれば足の甲を意識して蹴るのがいいでしょう。

小学生が飛距離を伸ばすためのボールへの当て方

ボールは当たり前ですが、下から蹴ったほうがより遠くへ飛びます。

下といっても、地面からの角度は45度です。なぜ45度がいいのかというと、

それより大きすぎても小さすぎても遠くへ飛ばないからです。

大きいと、つまりボールをめちゃくちゃ下から蹴ると、確かに真上には飛びますが奥にはいかないでしょう。

逆に、めちゃくちゃボールを上から蹴ると、今度は上に飛ばなさすぎて奥までいかないでしょう。

だから、その中間である45度がもっともボールが奥まで飛ぶ角度なのです。

体力測定のソフトボール投げでも、同じ45度がもっとも飛びます。

まとめ

ここまで色々かいてきましたが、ポイントは4つ。

  • 助走
  • 軸足
  • 足の甲
  • 45度

この4つを意識して練習すれば、きっと小学生でも飛距離が伸びていることでしょう。

今回はここら辺で終わりにさせていただきます。

しおんでした。

他のおすすめ記事

サッカースクールに選び悩んでいるなら↓

リベルタサッカースクールを私が一番に推す理由とは?

Twitterやってます!

管理者のプロフィール
IMG_1684

偏差値72の高校を在学中の高校生ブロガー。サッカーを小学生の頃から10年以上やっている熟練者。本を読むことと文章を書くことが好きなこともあり、このしおんブログを2020年5月に開設。好きなことと得意なことを掛け合わせた新時代のネットビジネスを目指す。

soccer boys
詞音をフォローする
しおんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました