サッカー ドリブルで抜き切るコツ

メッシなどを見ていると、なんだか簡単にドリブルですらすら抜いていますが、実際自分でやってみると思うように上手くできませんよね。

ある程度技術があっても、簡単に取られてしまったたり、抜き切れなかったりしませんか?

それは技術や実力が足りないからではなく、ある事を意識していないから抜き切れないのです。

逆に今から言うことを意識するだけで、最低限の技術でドリブルで抜き切ることができます。

止まった状態からドリブルで抜く方法

止まった状態、つまり相手も自分も牽制しあってる状態から抜く方法です。

今回の場合で重要なポイントは3つあります。

  1. タッチ前のフェイント
  2. ワンタッチ目の駆け引き
  3. 初速度

1.タッチ前のフェイント

サッカーのフェイントは、おおまかにボールを直接さわってやるものと、ボールにさわらず動作でのみでやるものと2種類存在します。

相手も自分も止まっている場合、後者の動作のみでやるフェイントが有効でしょう。

ボールに直接さわらず、動作のみでやるフェイントとは

具体的な例をあげるとしたら、シザーズでしょう。

シザーズとは

英語の直訳ではハサミという意味。サッカーではボールを保持しているときに、自分の進行方向と逆向きにボールを跨ぐことで相手を騙す技。

このシザーズのいい点は、ドリブルのリズムをつかみやすくなるという点です。

逆に相手は、リズムをつかみにくいという性質をもちます。

その根拠に、シザーズは単発技ではなく連続で使用できる技なのが特徴的です。

単発ではなく連続であるメリットは、いつ本物の攻撃が来るかわからないという心理が働くところでしょう。

その心理が働くことによって、あえて単発でしかけても逆に騙される可能性が出てくるわけです。

駆け引きというのは、こうやって相手の頭の中に選択肢をちらつかせることが重要なのです。

よって、一つの技しかできないというのはとても危険なことなのです。

そして、シザーズのほかにも重心移動というものもあります。

重心移動とは

体制を変えるなどして体の軸をずらすこと。サッカーでは軸足の位置、向きを変えるなどして相手を騙す。

この重心移動のよい点は、誰でも簡単にできそして凡庸性が高い点でしょう。

ドリブルが上手く強い選手は、足技だけでなくこの重心移動を細かくはさんで相手を混乱させています。

逆に上手いディフェンスは、相手の重心の動きをよく観察しています。

オフェンスはそれを逆手にとって、ボディフェイントをしてあげましょう。並みの選手は見事に騙されるでしょう。

2.ワンタッチ目の駆け引き

パスをもらって最初のタッチはとても大事です。その理由として、相手のディフェンスは特にボールの動きばかりを見ているからです。

よって、その大事なワンタッチをどういう角度で触るか、触らないかでドリブルの運命が決まるといっても過言ではありません。

1で紹介した動作フェイントをやってからタッチするか、もしくは動作フェイントをあえてやらずいっきにしかけるのも手です。

そんなワンタッチ目の駆け引きですが、具体的にどのようにしてやればいいのでしょうか。状況別でみてみましょう。

状況1.相手が突っ込んで来た場合

迷わずワンタッチでかわしてあげましょう。突っ込んでくるということは、急に方向転換できないということです。

つまり、空いているスペースにワンタッチで移動するだけで、簡単に抜くことができるでしょう。

そもそも、相手が突っ込んでくることがレアなことです。ディフェンス側もバカではなく、安易に突っ込んだら抜かれるリスクを知っているからです。

では、どういう状況で突っ込んでくれるのか 

ずばり、ゴール前で前を向かれた状況でしょう。

抜かれるリスクよりも、打たれるリスクのほうがでかいからです。優先して止めにくるでしょう。

だからメッシはそういう状況で無双するのです。ある意味駆け引きの天才です。

状況2.突っ込んでこない場合

むやみに仕掛けないようにしてください。

相手は守る準備が整っていて、かつ冷静だからです。

ではどうすればいいのか

わざと誘って、疑似的に状況1のように相手に食いつかせてもらうのです。

具体的には、ワンタッチ目で相手にとられるかとられないかのギリギリの距離までつめるのです。

そこで食いついてくれたらオフェンスの勝利です。

あとは状況1の時と同じです。ワンタッチで簡単に抜いてしまいましょう。

初速度

止まっている状態、つまり速度が0の状態からトップスピードまで一気にかけあがるイメージをもってドリブルしましょう。

そうすることによって、さっきまで止まっていたディフェンスは反応が遅れ、オフェンスは抜き切ることができます。

詳しい事は私が書いた他の記事、トップスピードでのドリブルをする方法を参考にどうぞhttps://shion.biz/?p=351

走ってる状態からドリブルで抜く方法

走っている状態、つまりボールを運んでいる状況で敵がきた場合を想定しましょう。

止まっている時と違いこちらは勢いに乗っているので、相手からしたらかなり厄介となってくるでしょう。

そんな走ってる状態から敵を抜き切るポイントは2つあります。

  1. 勢いを殺さない
  2. 相手に向かう

勢いを殺さない

勢いを殺さない、つまり相手が来ても臆せず突き進めということです。

自分は正面を向いて、相手は半身で、スピード勝負をしたらどっちが勝つでしょうか。

確かに自分はボールを蹴りながらというハンデはありますが、やはりオフェンス側が勝利するのではないでしょうか。

せっかくスピードをあげて運んできたのに、敵がきたというだけでビビッて止まってしまうのはもったいないです。

頭ではわかっていても、いざその時になると体がいう事をきかないことはよくある話です。

しかし、それをうまく制御するのも技術のうちです。

相手に向かう

相手に向かい、わざと食いつかせましょう。

ドリブルで抜き切るコツは、相手に足を出させることです。

よって、相手から逃げるようにドリブルしていてはいつまでたっても抜き切ることはできません。

最後に

同じドリブルでも、相手を抜くためのものと、何かをするアシストのためにやるものとあります。

特に抜き切るというのはとても難しいものです。

抜くためのトリガーとなる相手に足を出させることを意識してがんばってみてください。

そしてサッカースクールに興味があるという方へ

私が紹介している、リベルタサッカースクールに通えば確実に他のライバルたちと差をつけることが可能になります。

全国で一番人気のサッカースクールに少し興味があるという人はこちらの記事をどうぞ

リベルタサッカースクールを私が一番推す理由とは?

以上しおんでした。他にもおすすめの記事をどうぞ

Twitterやってます!

管理者のプロフィール
IMG_1684

偏差値72の高校を在学中の高校生ブロガー。サッカーを小学生の頃から10年以上やっている熟練者。本を読むことと文章を書くことが好きなこともあり、このしおんブログを2020年5月に開設。好きなことと得意なことを掛け合わせた新時代のネットビジネスを目指す。

soccer boys
詞音をフォローする
しおんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました