オンラインカジノのペイアウトは率97%以上!競馬やパチンコは勿論、バイナリーオプションなんかと比べれも圧倒的に稼ぎやすいのです。

tax

税金について

Secret Cash Point(シークレット・キャッシュポイント)を実践すれば、利益を出し続けることは簡単です。
しかし、利益が出れば当然、納税義務は発生します。

オンラインポーカーは、海外ではポピュラーなものとして浸透しておりますが、
日本においては、ギャンブルに対して納税意識が在る方は少ないです。
(ギャンブルにおいても納税義務があります)

そこで税金における基礎的な知識をまとめてみました。

オンラインポーカーでの利益は確定申告が必要です。
ギャンブルにおける収入は、一時所得金という扱いになります。
そして、一時所得金においては納税義務が発生します。

一時所得とは、仕事以外で一時的に生じた所得のことで、所得税が発生するんですね。

例えば、競馬などで得た配当も、この税金が適用されます。

一時所得とは?
一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や
役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所
得をいいます。
この所得には、次のようなものがあります。
(1) 懸賞や福引きの賞金品(業務に関して受けるものを除きます。競馬や競輪の払戻金
(2) 生命保険の一時金(業務に関して受けるものを除きます。や損害保険の満期返戻金等
(3) 法人から贈与された金品(業務に関して受けるもの、継続的に受けるものは除きます。
(4) 遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金等

■所得の計算方法
総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除額(最高50 万円)=一時所得の金額
一時所得は、懸賞、賞金、商品、競馬、競輪、競艇などが一時所得に該当します。

この一時所得というものに具体的に「オンラインカジノ」という記載こそされていませんが、
ギャンブルという意味で当てはまるります。

ただ、中には雑所得として処理している人もいるようです。

雑所得とは、他の9種類の所得のいずれにも当たらない所得をいい、
具体的には、下記のようなものが雑所得にあたります。

  • 年金や恩給などの公的年金等
  • 非営業用貸金の利子
  • 著述家や作家以外の人が受ける原稿料や印税
  • 講演料や放送謝金

雑所得の金額は、公的年金等以外の場合(通常の場合)は「収入金額-必要経費」、
公的年金等については、「収入金額-公的年金等控除額」により求められます。

税額は基本的には、総合課税の方法により課税されることとされており、他の所得と
合算したうえで税額を算定することとなります。

ポイントとしては、その自分のオンラインカジノでの払戻金が課税対象額に相当するかです。

一時所得の課税対象額の計算は、
(総収入金額-支出金額-特別控除額年間最高50 万円)×1/2です。
例えば、10 万円で100 万円を稼いだとすると
「(100-10-50)×1/2=20」
という計算になり、結果20 万円が課税対象になります。

このように、一時所得では50 万円以上の儲けがあると課税対象となります。
そのため、最終的に配当として50万円以下であれば、申告をする必要はないということになります。

税金については、オンラインポーカーに限らず、ギャンブルでの利益を曖昧にしている人も多いです。
税金を払っていない場合には、罰則を受けることとなりますので、ご注意ください。

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional