オンラインカジノのペイアウトは率97%以上!競馬やパチンコは勿論、バイナリーオプションなんかと比べれも圧倒的に稼ぎやすいのです。

Term

オンラインポーカー用語

アウト(Out)
フロップが出た時点で負けている場合でも、ターンやリバーにより自分のハンドを勝てるハンドにするカードのこと。
例えばもし、あと1 枚でフラッシュを完成できる場合、9 枚のアウトがあることになる。

アンダー・ザ・ガン(Under the Gun)
ビッグブラインドの左隣のプレイヤーのこと。
プリフロップの段階では一番最初にプレイする人。

アンダードッグ(Underdog)
自分のハンドが分が悪いハンドであること。

アンティ(Ante)
カードが配られる前に、プレイヤー全員から徴収される強制ベットのこと。

インサイド・ストレート・ドロー(Inside Straight Draw)
間の1 枚が欠けているストレートドローのこと。
ガットショットストレートドローとも言われる。

インプライドオッズ(Implied Odds)
自分がドローを完成させた後に、獲得できるであろうポットのオッズのこと。

オーバーカード(Overcard)
ボードに出ている一番ランクの高いカードよりも、さらにハイカードを持っている場合のこと。

オーバーペア(Overpair)
ボードに出ているカードのどれよりも、高いランクのポケットペアを持っている場合のこと。

オープンエンド・ストレート・ドロー(Open-ended Straight Draw)
4枚の連続したランクのカード。

オールイン(All-in)
自分の持っている金額を全部ベットすること。
ただし、相手が自分より少ない金額しか持っていない場合は、
いくら相手より大きな額を持っていても、相手の持っている分だけとの勝負となる。

オフスート(Offsuit)
配られた2枚のカードの色が違うカードのこと。
2枚が一緒のことをスーテッドと言う。

カウンターフェイト(Counterfeit)
自分の役の優位性が失われていまうこと。
例えば、A・5・3のボードでA・3を持っていた場合、
現状Aと3の2ペアであるが、ターンで5 が出てしまった場合、
Aを持っているプレイヤーは、ボードの5のおかげでAと5の2ペアができてしまう。
この場合、A・3の3は無価値となる。

ガットショットストレート(Gutshot Straight)
4・5・7・8など、1つ穴のあいているストレートドローのこと。
5・7・8・9・J等の時には6が出てもT が出てもいい為、ダブルガットショットと言う。

キッカー(Kicker)サイドカードとも呼ばれる
ハンドの役を作るカードではなく、自分のハンドの1枚を、
ボートと合わせて役を作っている場合のもう1枚のカードのこと。

コーリングステーション(Calling Station)
コールばかりするプレイヤーの事。
コーリングステーションは、ベットやレイズを滅多に行わない。

コール(call)
相手のベットに対し、同額を受けること。

コールドコール(Cold Call)
レイズが入っている状態でコール、または2ベットにコールすること。

コネクター(Connector)
2・3、3・4、5・6 のように、2枚が連続した手札のこと。

コミュニティカード(Community Card)
場に出る共通カードのこと。ボードともいう。

サイドポット(Side Pot)
最低3人以上がポットに参加している状態で、1人以上がオールインし、
残りのプレイヤーの賭け金がまだ残っている場合、残りのプレイヤーでメインポットとは別に、
残っている掛け金を掛ける事ができる。この場合に発生するポットをサイドポットという。

ショウダウン(Showdown)
アクションが終わり、カードを見せ勝敗を決める事。

ショートスタック(Short Stuck)
スタックをあまり持っていないプレイヤーの事。

スーテッド(Suited)
2枚以上のカードがスペードやハート、クラブ、ダイヤといった同じスートであるときのこと。

スケアーカード (Scare Card)
フロップ以降自分が勝っていたが、ターンもしくはリバーで勝ちを覆すかもしれない可能性のあるカードの事。

スモールブラインド(Small Blind)
カードが配られる前に置かれる強制ベットのうち、小さいほうのベット。

スロープレイ(Slow Play)
自分が強い手を持っているとき相手に自分の手は弱いと見せるために、ベットやレイズせ
ずにあえてチェックやコールすること。

セカンドペア(Scond Pair)
ボードで2番目に高いランクのカードと手札の1枚とでペアを作った場合のこと。

ターン(Turn)
4枚目のカードのこと。

チェックレイズ(Check Raise)
自分があえてチェックをし、相手がベットをしてきた際にレイズをすること。

テーブルステークス(Table Stakes)
ハンドの最中にチップを買い足すことはできないということ。

テル(Tell)
プレイヤーの振る舞いなどで、ハンドの強さなどが分かってしまうもの。

トップアンドボトム(Top and Bottom)
3種類の中のツーペアの中の1つ。
上のペアと下のペアの組み合わせのツーペアトップツー(Top Two)
3種類のうちのツーペアの一つ、上2つのツーペア。

トップペア(Top Pair)
一番位の高いワンぺアのこと。

ドミネイト (Dominated Hand)
自分の手札が相手と一緒だが、もう一つのカードが自分より高いこと。

トリップス(Trips)
スリーカードのうちの一つで、ボードに同じカードが2枚、自分のカードで1枚を作る組み合わせ。

ドロー(Draw)
現状のカードでは1枚大きな役に足りないため、それを引きに行くこと。

ナッツ(Nuts)
出来うる最高の手役のこと。
ターン、リバーとカードの枚数が変わるに従い、ナッツの条件は変わっていく。

バッドビート(Bad Beat)
自分のハンドがかなり有利な状態にあったのに負けたときのこと。

バリューベット(Value Bet)
こちらが比較的いい手を持っている時に、相手に最も高いコストを払わせるベットのこと。

ビッグブラインド(Big Blind)
テキサスホールデムなどの共通カードが出るゲームにおいてボタンから次へ2 人目が支払う強制ベットのこと。

ヒット(Hit)
自分の手札と場に出ている共通カードでペアができること。

フォールド(Fold)
手を降りるアクション。

ブラインド(Blind)
テキサスホールデムなどの共通カードが出るゲームにおいて、
手札が配られる前にブラインドで(盲目で)強制的に払わなくてはならないベット。
通常ボタンの次2 人のプレイヤーが、スモールブラインドとビッグブラインドを払う。

フリーカード(Free Card)
相手がチェックすることによってコスト無しに見られるターンやリバーのカードのこと。

フロップ(Flop)
テキサスホールデムなどの共通カードが出るゲームでの最初に出る共通カード3枚のこと。

プロテクト(Protect)
相手がドローを引きに来ることにコストを払わせるためベットすること。

ヘッズアップ(Heads Up)
あるハンドにおいて、2人のプレイヤーで勝負をすること。

ホールカード(Hole Cards)
コミュニティカードやボードと逆で自分だけに配られるカード。

ポケットペア(Pocket Pair)
2・2やA・Aなど、配られたカードのランクが一緒のこと。

ボタン(Button)
円型のものでハンドごとに左に回され、どのポジションのプレイヤーがボタンの位置にい
るかを指し示すもの。非常に有利なポジション。

ポットオッズ(Pot Odds)
あるハンドにおいて、勝った場合に獲得できるポットの額と、
そのハンドに参加し続けるために自分がコールしなければならない額の比。

ボトムペア(Bottom Pair)
セットにおける最低位のこと。

マック(Muck)
ハンドを降りること、また降りたハンドを隠すこと。

メインポット(Main Pot)
ハンドに参加しているプレイヤーが獲得できるポット。

ラグ(Ragged)
コミュニティカードにおいて、相手の役をあまり成長させそうにない関係のないカード。

リバー(River)
最後のコミュニティカードのこと。5 枚目のカード。

レイズ(Raise)
相手がベットしてきた上に更にベットを重なること。

レインボー(Rainbow)
フロップでボード上の3枚のカードがそれぞれ異なるスートの場合のこと。

レーキ(Rake)
ポーカーのポットから1部分をハウス(ポーカールーム)が徴収すること。

ロック(Rock)
プリフロップをとてもタイトにプレイするプレイヤーのこと。

ワンギャップ(One-Gap)
J・9や、A・Q など、2枚のカードでランクがひとつ間に開いているカードのこと。

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional