オンラインカジノのペイアウトは率97%以上!競馬やパチンコは勿論、バイナリーオプションなんかと比べれも圧倒的に稼ぎやすいのです。

絶対に負けないコンピュータープログラム

絶対に負けないコンピュータープログラム

昨日発売の米科学誌サイエンスの記事に、
ポーカーのテキサス・ホールデムで、
理論上絶対に負けないコンピュータープログラムを開発したとする
記事が掲載されました。

テキサス・ホールデムでのプレーヤー2人に限定していますが・・・

論文の主執筆者、カナダ・アルバータ大学(University of Alberta)のマイケル・ボーリング(Michael Bowling)氏は、

AFPの取材に対し、「研究チームは2003年より、現在の超一流プレーヤーに負けない、
またどんな戦略にも負けない、完璧なプレーヤーを作り出すこと」を
目標に掲げてきたと語り、

2008年、ポラリス(Polaris)と呼ばれる最初のポーカー実行プログラムを完成。

ポラリスは、2人のプレーヤー勝負のホールデムで
人間の一流プレイヤーに勝つことができ、この時点で、
コンピューターは、この形式のポーカーでは、
「全ての人間より強いプレーヤーとしての地位を確立した」とボーリング氏。

ポラリスがポーカーで人間に勝てることが判明した後、
「論理上の次なるステップは、このゲームを解くことができるかの検討だった」と同氏。

4800個の中央演算処理装置(CPU)群が、ゲームを解決するための計算を開始。
本質的にゲームを解決するという目標に到達するのに2か月を要したそうです。

結果は、世界中でプレーされている最も人気の高い形式のポーカーが
これで「本質的に弱解決する」というものでした。

これは、人間が一生分プレーしても、
統計的有意性を持って打ち負かすのは不可能であることを意味すると。

ボーリング氏は、電子メール取材に対し「ゲームを解決する完全な戦略の算出を目指したが、
われわれの戦略はゲームを本質的に解決するものにとどまった。

つまり、戦略がほぼ完璧であるため、
(人間が一生涯にプレーできるゲーム数に近い)6000万回プレーした後でも、
負ける可能性は、

「運によるものか否かさえも区別できないほど、
非常に小さいことを意味する」と説明した。

ゲームで人間を打ち負かしたコンピューターとしては、
ポーカーの他にも1994年にボードゲーム「チェッカー」の
世界選手権で初めて人間を破ったプログラム「チヌーク(Chinook)」や、

1997年に当時のチェス世界チャンピオン、ガルリ・カスパロフ(Garry Kasparov)氏に勝った
「ディープ・ブルー(Deep Blue)」などがあります。

米コンピューター大手IBMが開発した高性能コンピューター「ワトソン(Watson)」は、
2011年、米国のクイズ番組「ジョパディ! (Jeopardy ! )」で優勝しています。

しかし、ポーカーのテキサス・ホールデムは、
特に難題であることが判明していました。

プレーヤーが2人だけでも、どのカードがすでに
相手の手札に入っているかなどの未知の情報が大量にあるからです。

米カーネギーメロン大学(Carnegie Mellon University)の
コンピュータ科学者、トゥオマス・サンドホルム(Tuomas Sandholm)氏は、
数多くある「不完全情報ゲーム」のなかでも、

ポーカーは人工知能(AI)にとっては最大級の挑戦だと、
サイエンス誌に同時掲載された解説記事に記しています。

同氏の説明によると、これらのいわゆる「不完全情報ゲーム」を
解決するための一般的手法では、

最初にゲーム全体を抽象化して「規模はより小さいが、
戦略的に同様なゲームを生成し、
均衡発見アルゴリズムで対応可能なサイズにまで縮小する」といいます。

そして次に、抽象化した各ゲームを解決して均衡または均衡近傍を導き出し、
それらの戦略を元のゲームに対応づけます。

ゲーム解決への挑戦は、現代社会に進歩をもたらす助けになるかもしれません。

ボーリング氏によると、空港検問所の保安体制の強化、
沿岸警備パトロールの向上、医療上の決定の改善などに役立つ可能性があるといいます。

このポーカーに利用されたようなアルゴリズムの進歩は、
現実世界の不確定性と不明情報を含む状況に対して意思決定を下す場合に、
より効果的な解決策を見つける助けになるかもしれないと、論文は結論付けています。

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional